外食で低糖質・糖質制限ダイエット!

外食で低糖質・糖質制限ダイエット。外食でも、ちゃんとセレクトすれば大丈夫。健康な体を取り戻すブログ。

■食べることが推奨されている食事 
・肉類
 特に鶏肉が推奨されています。牛肉や豚肉等も可能。
 ただし、脂身の少ない部位を選ぶこと。

・魚介類
 白身魚やマグロの赤身等、脂身の少ないものを推奨。
 貝類や甲殻類については特に気にする必要はない。

・大豆製品
 豆腐、納豆、枝豆、豆乳。
 ただし、納豆は糖質が高めのため1パック程度にする。

・野菜・海藻
 緑黄色野菜、キャベツなどの葉物野菜、海藻類を積極的に食べる。

■食べることがNGとされる食事
・炭水化物
 米、パン、麺類、イモ類(ジャガイモ)はNG。

・野菜・果物
 タマネギ、カボチャ、ニンジン、パプリカなどの野菜は
 とっても構わないが、糖質が高めのため控える。
 果物については、低糖質ダイエット中は控える。 

・加工された肉類
 ハム、ソーセージ、ウインナー、ベーコン等は、
 砂糖や水あめを添加するためNG

・乳製品
 飽和脂肪酸というものが多く、美容・ダイエットには不向き。
 低脂肪のもの又は無脂肪のものにする。

・アルコール
 ビール、ワイン、日本酒、リキュール類はNG。
 焼酎、ウイスキー、ブランデー等の 蒸留酒はOK。(ただし2杯程度)
 
その他のルールとしては、次のようなものがあります。
・揚げ物は控えること 
・飲み物は主に水を飲むこと
・夕食は20時までに終わらせること
・朝・昼食は多めで、夕食は少なめ
・糖質は1日に50~60g程度におさえる

これらの食べていいもの、食べてはいけないものを頭に入れて、
外食をしていくことになります。 
 

 

ブログを見に来て頂きありがとうございます。
太郎(41)と申します。

不惑を迎え、ここ一年、体質の変化・体調の不調を感じていました。
厄年ということもあり、体調不良を厄年のせいにして、
厄除けに2度、3度と行ったりしましたが、
どうも神頼みだけでは無理なようです。

40代に入り、寝ても疲れが取れなくなりましたし、
肌荒れも人前に出るのが恥ずかしいぐらいになってしまいました。
もちろん、おなかもポッコリです。
「これは何としなければならない」とはずっと思っていたのですが、
仕事も忙しく、なかなか生活習慣を変えることができませんでした。 

食生活は自分で言うものおかしいですが、最悪だと思います。
ここ10年間、ほぼ100%外食です。
最近は健康面に配慮した外食もありますが、
私の場合は「その時、食べたいものを食べる」というスタンスでした。
ラーメンも食べますし、お菓子も甘いものも大好きです。
日によっては、ポテチ2袋と柿ピーとビールで夕食という時もありました。 

このままではダメだ。というのは自分でも分かっていますが、
辞められない・・・
祖父、親父と糖尿病で苦しんできたのを見てきましたが、
このままでは私も同じ道に進むことになってしまいます。
糖尿病界のサラブレットですから。
医者がなりたくない病気第1位の糖尿病確定です。
もうライザップ的なところに通って、
お金を払ってでもこの生活から抜け出したかったのです。 

「ライザップみたいなジム」で検索すると様々なジムが出てきます。
その中で私が選んだのは、一番近くて、値段も安かったジムです。
低糖質の食事&トレーニングというのはどこも同じだったので、
一番リーズナブルなジムにしました。

低糖質な食事について、私は全く知識を持っていませんでしたが、
トレーナーに相談したところ、外食でも管理していけば大丈夫との事でした。
毎日食べた物の写真を撮って送るのですが、その都度アドバイスをもらえます。

そして、2017年4月1日より外食で低糖質&トレーニングの生活を開始しました。
 

このページのトップヘ